上原 明日香 earth music&ecology 草加ヴァリエ店 一般社員

いつかは海外を舞台に働くことを夢見て、誰にも負けない笑顔で社会人生活をスタート

  • どうしてもここで働きたいと思い、応募したのは1社だけ

    アパレルの世界で働きたいと思い、専門学校ではファッション流通を学びました。バイヤーとして海外で仕事もしてみたいという夢もあり、就職活動ではインターナショナルなブランドの取り扱いもある会社などいくつかのインターンシップに参加しました。ですが、ストライプインターナショナルは働いているみなさんが本当にキラキラしていて、人事の方も学生一人一人に丁寧にお話をしてくださって。人と人のつながりを大切にした関係性のある働き方が実践できている様子に惹かれたんです。そして、ストライプインターナショナルではいくつかのブランドがすでに海外を視野に入れた展開もしていますし、経験を積み重ねていけば“海外で働くという夢も叶うのでは?”と思ったのです。だから、“ここで働きたい!受けるのはストライプインターナショナルのみにしよう!”と、決心しました。

  • 接客に役立つ英会話をインプットして、店舗で実践

    内定をいただいた後は、earth music&ecologyの上野マルイ店で内定者研修(インターン生)として働き始めました。入社当時、先輩社員の方々がキラキラと自分らしく働いていたのが印象的で、私もそのキラキラしている一員になりたいと思い、自分なりの接客の工夫を考えるようになりました。上野という場所柄、海外からのお客様も多くて、自分なりに接客に使えるような英会話を調べて実践。フィッティングだったり、免税に関する簡単なワンフレーズですが、お客様の方に通じてコミュニケーションできたときはすごく嬉しかったですね。小さい積み重ねかもしれませんが、こうしたアクションが海外で働くことへ繋がるのでは?と思いますし、そのチャンスがある会社だと思っています。

  • 自信がなくても、将来の夢を真剣に聞いて応援してくれる会社です

    私は、接客を学びたいこと、将来は海外で働きたいことは選考時から人事の方に伝えていました。社会人経験もなく、語学も堪能ではないので海外で働くということに自信があるわけではありません。でも、私の夢を周りの先輩や人事部の方も真剣に聞いて応援してくれますし、公募などの機会も多いので“挑戦したい”という思いに平等にチャンスもたらしてくれる会社だと思います。ですので、就職活動中の学生さんへのアドバイスとしては、自信がなくてもやりたいことは声を大にしてまず伝えることから始めてみることをオススメしますね。ストライプインターナショナルは、スタッフの個性を大事にし、一人ひとりの夢や目標を応援してくれる会社です。入社してからの研修も楽しかったですし、初任給や福利厚生含めた条件面も他社に比べて整備されているので、しっかりサポートされているなと思います。

  • 新店舗のオープンに伴い、初めての異動も経験

    2018年10月に東武スカイツリーライン草加駅直結の商業施設開業に伴い、earth music&ecologyの草加ヴァリエ店に異動となりました。オープン初日には、お店の前に行列ができていて、「この日を楽しみにしていたの!」と、幅広い年齢層のお客様にお越しいただきました。earth music &ecologyというブランドを好きでいてくださる方がこんなにたくさんいるんだと、嬉しさを感じつつ、よりこの仕事のやりがいを感じています。日々の経験を積み重ねて、2年以内に店舗責任者になることが直近の目標です。そのためにも、まだまだ実務的なことを含めて学ぶべきことは多く、スタートラインから1歩飛び出したぐらいが現状でしょうか。できないこと、わからないこともあるので、まずは常に笑顔を絶やさないことを意識しています。笑顔はこれまでにも周囲の人に褒めてもらうことが多くて、入社試験の面談時にも緊張して答えられなかったシーンがあったのですが、笑顔でいたからこそ面接官の方が間を取り持ってくださったことがありました。笑顔だけは誰にも負けない気持ちでいますし、笑顔で頑張っていれば、きっと思い描く未来につながると信じています。 (2019年1月時点)

仕事のシーンで愛用しているアイテムは?

学生時代に後輩が作ってプレゼントしてくれたピアスです。世界に一つだけという特別感もありますし、とても好きなデザインなので、それを身につけて仕事をしていると気分も上がりますね。スタッフやお客様が身につけているアクセサリーにも気を配ると、そこから会話が広がり、ライフスタイルのご提案につながることもあるので、忙しい毎日でも小さな視点を大切にしています。