小川 祐未 Maison de FLEUR 渋谷ヒカリエ店 副店舗責任者

“自分らしく、ずっと働き続けること” そんな私の願いは転職によって叶いました

  • “長く働ける会社”を考えて、美容の世界から転職

    美容の専門学校を卒業後、美容師アシスタントとして働いていました。自分の好きな美容の世界に触れられたことはすごくよかったのですが、実際に働き始めるとギャップも大きくて、転職を意識し始めました。自分の好きなこと、興味のある仕事は何だろう?と考えた時に、服飾の専門学校に進学しようかと悩んだ学生時代を思い出したんです。そうして、アパレルの仕事をメインに転職活動をしましたが、その際に福利厚生の充実度はかなりチェックしました。自分の好きなことを仕事にしつつ、ライフスタイルの変化に囚われず、働いていきたいと考え、長く働ける環境が整っている会社に勤めたいと思ったからです。そんな中、前から好きだった YECCA VECCA の求人を見つけて……。ストライプインターナショナルはアパレルブランドが多いですが、ヘアケアやボディケアの美容アイテムや、雑貨アイテムなども取り扱っていましたし、何よりお客様へライフスタイルをご提案する“ライフスタイルアドバイザー”という接客スタイルが、これまでの美容業界のキャリアを活かすことができるのでは?と思い、志望しました。

  • 心のゆとりから生まれる、自発的な思考や行動の大切さ

    実際に入社してまず思ったのは、福利厚生の制度が揃っていることで、私自身の心のゆとりが生まれたことでした。仕事も大事ですが、それと同じくらいにプライベートを充実することも大切に思っていました。前職では、仕事に追われた忙しい毎日を送っていたので、自分らしく楽しむプライベートの時間が少なかったことに改めて気づかされました。プライベートが充実することで、オンとオフの切り替えがしっかりでき、“どうしたらお客様にご満足いただけるか?”と自分なりに考えて行動できるようになりました。前職では忙しさのあまり常に受け身で、自分で考えて行動することができていなかったんです。つまり、先輩に指示されることしか行動できなかった……。でも、ストライプインターナショナルで働くようになってからは、常に自分自身で“どうしたらもっと良くなるか?”を考えて行動していたことで、先輩方から「あなただったら、どうしたらいいと思う?」と、意見を求めてくれることも多くなりました。私の考えを聞いてくれたり、それを採用していただいたりすることが、私自身の経験や自信に繋がっているとすごく思います。もちろん上手くいかないこともありますが、そうしたらまた考えて実行してみればいいと自分に合ったスピードで成長出来る働き方がいま実現できています。

  • おしゃれな人が集う街で働くことを夢見て 公募にチャレンジ

    YECCA VECCAに約1年半勤めた頃に、渋谷ヒカリエの開業に伴うMaison de FLEURのオープニングスタッフの公募があったんです。Maison de FLEURの世界観やアイテムが好きだったこともありますが、おしゃれな人が多い、流行に敏感な渋谷という街でのチャレンジに心惹かれました。オープニングスタッフとして0からのお店づくりに携わってみたいという思いもあり、当時勤めていた店舗責任者の先輩に相談したんです。「やりたいと思えることにはチャレンジした方がいいよ」と、応援いただき、社内公募に応募。希望が叶い、Maison de FLEURで働くようになりました。

  • 結婚、出産後も働いている 未来の自分が想像できます

    異業種からの転職ということで、入社当時はもちろん不安もありましたが、本当に良い先輩やスタッフに囲まれて、丁寧に1から仕事を教えてもらいました。入社当時は接客に不慣れな上に人見知りだったこともあり、「獲物を見るように遠くからお客様を見ないの(笑)」なんて注意されたこともありましたが、周りのサポートもあり、今では副店舗責任者として店舗運営の一部を任されています。そして、自分の好きなブランドのファンになってくださるお客様が一人でも多く増えることが仕事のやりがいであり、私自身の嬉しさでもあります。また、仕事だけでなく、プライベートでも仲の良いスタッフや先輩もたくさんできましたし、みんなが助け合って働くことができる環境は本当に貴重だと思います。現在は店舗責任者を目指して日々勉強中ですが、今後のキャリアにおいて結婚や出産というステージも考えるようになりました。その点、結婚や出産を経ても自分らしく働いている女性スタッフが多いことはとても魅力に感じます。まさに私が思い描いていた、“長く働くことができる会社”のイメージ通りです。そんな会社と出会えて、実際に働くことができたことは幸運な転職だったと思っています。 (2019年1月時点)

この仕事を始めて、とても嬉しかったことは?

前に勤めていたYECCA VECCAで初めてできた顧客様に、いまのMaison de FLEURに異動する際にお手紙をいただいたことです。まだまだ接客にも不慣れな頃から良くしていただいて、こうして異動時に心遣いをいただいたことが本当に嬉しくて。以来、ずっと手帳にしまって常に持ち歩いています。仕事で失敗をしてしまい少し気分が落ち込んだ時などに読み返すと初心を思い出させてくれるので、私にとって宝物とも言える大切なアイテムです。