株式会社ストライプインターナショナル
社員採用情報
小林 香織

育休明けから、短時間勤務の店舗責任者として復帰。
スタッフに任せる、スタッフを育てる大切さを学びました。

小林 香織
イェッカヴェッカ(YECCA VECCA)マルイシティ横浜店 店舗責任者
2008年入社

※2016年10月時点の取材を元に作成しております。
部署名・役職名は取材当時のものとなります。

正社員になりたくて、同業界のアパレル企業から転職

短大を卒業後、アパレル企業でアルバイトとして働いていました。その会社には正社員登用制度があったのでそこで正社員を目指していたのですが、1年を過ぎても希望はかなわず、転職を考えるように。インターネットの求人サイトで「正社員、アパレル」というキーワードで検索したところ、最初に出て来たのがストライプインターナショナル (STRIPE INTERNATIONAL INC.)でした。
学生時代、イーハイフンワールドギャラリー(E hyphen world gallery)のファンでよくお店に通っていたのですが、そのブランドを展開している会社。しかも、自宅から通勤可能な横浜のお店でも募集していました。自分の条件にぴったりだったので、すぐに応募しました。
イェッカヴェッカ(YECCA VECCA)というブランドで勤務し、2店舗目で店舗責任者(店長)を任せてもらうことになり、店舗運営全般を担うことになりました。その後、マルイシティ横浜店に勤務している時に妊娠。産休を取得して、出産後も続けて育児休業を取らせていただくことにしました。1年4ヵ月ほどお休みしたあと、店舗責任者として、新宿ミロード店に復帰。最近、またマルイシティ横浜店に戻ってきたところです。
長くこの仕事を続けているおかげで、たくさんのお客様に出会うことができました。長い方だともう5年を超えるお付き合いになります。私を通じてブランドを好きになってくださったお客様も、ブランドを通じて私を好きになってくださったお客様もいらっしゃって、そういう方々と出会えることが仕事のやりがいになっています。店舗を異動するたびに新しい店舗にいらしてくださる方や、産休・育休でお休み中もお店に来てくださって、復帰の時に出産祝いを持ってきてくださった方など。そんなお客様がいてくださるのは、販売職冥利に尽きますね。

小林 香織

短時間勤務での店舗責任者。上司のアドバイスで軌道に乗せられた

現在は9:30~16:30の短時間勤務です。保育園がお休みの日曜日は、仕事をお休みさせていただいています。子育て中の社員にも優しい制度が整っているので、とても助かっています。
その一方で、この限られた時間内で店舗責任者としての責任を全うするのは、難しい面もあります。今まで8時間でやっていたことを、6時間でやらなければならない。最初に育休から戻ってきた時は、どうしても時間が足りないと悩み、正直、とても苦しかったです。
その悩みを上司に相談したところ、「できることを全部自分でやるのではなく、他のスタッフにやってもらうことを考える」「終わりの時間から考えて、何時までに何をするかを考える」というアドバイスをいただきました。そして、「そうすることでスタッフも成長するし、上手に店舗を運営するコツだよね」と。
確かにそうだな、と思いましたね。今では、終業時間から逆算して作業をする習慣が身につきましたし、だいぶスタッフに仕事を任せられるようになりました。このアドバイスがあったからこそ、今でも仕事を続けられているのだと、感謝しています。
またこのアドバイスをいただいてから、自分がいなくてもみんなが困らずに働けるようにするためにはどうしたらよいか、すごく考えるようになりました。私がいなくても大丈夫なように、普段、私がやっている仕事をスタッフに教え、誰でもできるようにする。そのためには相手に分かりやすく教えることが大切です。ですので、教え方や伝え方を強く意識するようになりました。また、これは以前からやっていることですが、“お客様ノート”を作り、購入された商品のレシートと一緒に、お客様とお話した内容を記入して、店舗のスタッフ全員で情報を共有するようにしています。これなら私がいなくてもお客様とスムーズに会話ができますし、お話の内容をもとにして「先日はありがとうございました」とお手紙を送ることもできます。
子どもは今、2歳9ヵ月。ストライプインターナショナル (STRIPE INTERNATIONAL INC.)は女性の活用が進んでいる会社なので、他のブランドには店舗責任者を務めているママはたくさんいますが、イェッカヴェッカ(YECCA VECCA)はまだ新しいブランドなので、店舗責任者をしているママは私だけです。私自身の活躍が少しでも、ほかの方たちにとっての成功モデルになればすごく嬉しいので、上司やスタッフのみんなに助けてもらいながら頑張っているところです。

小林 香織

目標は、スタッフを店舗責任者にすること。そしていつかは、人事の仕事をしてみたい

目標は、一緒に働いているスタッフに店舗責任者になってもらうこと。そのためにOJTで他のスタッフでも私と同じ水準の仕事ができるように指導していますが、今後はより一層、指導・育成に力を入れていきたいと思っています。
短時間勤務になったことでスタッフ教育の必要性を改めて実感しましたが、もともと、人材教育には興味がありました。以前、新卒社員の研修にトレーナーで参加させていただいたことがあるのですが、私以外は皆、スーパーバイザー以上の社員で、店舗責任者で参加したのは、私だけ。そうした場に推薦していただけたことで、より人材育成への興味が大きくなりました。
将来の目標は、人事部で仕事をしてみたい、ということです。今はまだまだ店舗責任者としての成果をあげていく必要があると思っていますが、もっともっと経験を通じて自分を磨いて、いつかは人事部に呼んでもらえるようになりたいと思っています。そのためにはまず、今のお店で店舗責任者としての実績を上げることが大切だと考えています。売上を通して、会社の業績づくりや成長に貢献していきたい。そのために、このマルイシティ横浜店のみんなが働きやすい環境づくりに全力を注いでいます。その結果、安定して売上を伸ばすことができるでしょうし、スタッフがどんどん店舗責任者になり、全てのスタッフが同じぐらい高いレベルで働いていける。そんな店舗にしていくことが、今の一番の目標です。
自分の夢や目標を口に出し、それに向かって頑張っている人が多いのが、ストライプインターナショナル (STRIPE INTERNATIONAL INC.)の魅力なのだと思います。だから、人が好きで、頑張ることが好きな人なら、きっと充実感を持って働けると思いますし、そんな方に入社していただけると嬉しいですね。

小林 香織
PAGETOP