山崎 茂樹 デジタルトランスフォーメーション本部 常務執行役員 本部長 佐藤 満 グローバルファッションEC本部 常務執行役員 本部長

IT会社としての未来も見据えてデジタル視点での加速度的な組織作りを担う

  • アパレル未経験で、異業種中途入社を決意

    佐藤:前職では、日用品のEC系の会社に勤めていました。ストライプインターナショナルに転職を決意したのは、新しいECプラットフォームの立ち上げなどに携わることができ、マーケティングのやりがいがあることに惹かれたからです。ストライプインターナショナルはアパレルからスタートした会社ですが、グローバルな展開を含めたIT会社としての未来を見据えた将来性も魅力的。これはこの会社に限ったことではありませんが、IT業界では一般的になっていることがアパレル業界ではまだまだ浸透していない。その分、チャレンジできることも多いと考えたのが、この会社に転職を決めた理由です。

    山崎:僕は金融系の会社を経て、インターネットポータル系の代理店に勤めていた頃に、社長の石川と会う機会があり、その縁が入社のきっかけです。前々職、前職ともにサービスなどを販売することがメインで、リアルなモノを販売した経験がなかったのです。商品を企画して製造・販売までという全行程を担うビジネスに興味があり、まさにストライプインターナショナルは理想的なビジネスを展開している会社でしたね。

  • デジタルITの視点で、ブランドレスにサポート

    佐藤:私が統括しているグローバルファッションEC本部は、ECプラットフォーム部、EC推進部、デイリーウエアのレンタルサービスを担当するメチャカリ部の3チームがあります。EC推進部は、自社のストライプクラブの運営や他ECサービスへの出店管理などを担い、ECプラットフォーム部ではメルマガ配信などダイレクトなアクションを担当しています。ブランドレスに自社の商品やサービスをwebを通じてお届けするのが主な役割です。

    山崎:入社当時はデータ活用推進部という部署名でしたが、より組織化して本格始動していくタイミングで、デジタルトランスフォーメーション本部という名前に変更。現在では、デジタルマーケティング部とデータプラットフォーム部の2チームを統括しています。メンバーは前職が広告代理店だったり、ゲーム会社、SEOなどweb系サービス会社などからの中途入社のメンバーが多いです。他業種からの経験をもったメンバーで、ブランドの課題を解決するための、あらゆるアウトプットの方法を検討・提案するのがメインの仕事です。自社のデータを基にしたデジタル広告などの戦略的な施策もその一つです。

  • いい人が多い、リアルなコミュニケーションのある職場

    佐藤:経営理念の“セカンドファミリー”という経営理念は本当に息づいているんだなと、働き始めてまず感じましたね。僕らはアパレルの経験もない異業種からの中途入社ですし、わからないことも多いのですが、スタッフはみんな親切に教えてくれますし、何か協力を仰いだ時に断る人がいないんです。形式的な会議も少なく、常に生きたコミュニケーションがある職場だと思いましたね。

    山崎:それは同感です。エンジニアが多い職場では、外部の音をシャットダウンするようにヘッドフォンをする人も多く、目の前にいる同僚との会話もチャットだったりと画面を隔てたコミュニケーションの職場も少なくありません。アパレルという現場での接客がベースにある人が多いからかもしれませんが、自然な笑顔と話し上手聞き上手ないい人が多いですね。3ヶ月に1度行われる席替えなどの仕組みも、他部署とのコミュニケーションをより密なものにしていると思います。

  • デジタル事業を担う、次世代のスタッフを心待ちに

    佐藤:職務的にデジタル系の仕事がバックボーンにある中途スタッフは多いですが、現場を経てきたからこその感覚を元に、こうしたデジタル部署にチャレンジしたいと思ってくれるような人が増えていくと嬉しいですね。webやSNSなどが当たり前にある若い世代のスタッフは、本人の自覚はなくてもデジタルに強い方が多いですし、我々としてもさらにスタッフを育てていきたい思いがあります。

    山崎:僕のところにも店舗経験を経てチームに加わった女性がいます。デジタル感覚も良くて、教えがいのある若いスタッフには、ぜひデジタルトランスフォーメーション本部にきてもらいたいですね。既存のプロジェクトだけでなく、新規のチャレンジもまだまだやらなくてはいけないことが多々あると思っています。僕自身が、「100万人に使われるサービスを作りたい、そのチャレンジの可能性がある会社だ!」と思って、転職を決意した経緯もあります。各々の強みを持ち寄り、既存のIT会社に負けない魅力的な展開を一緒に構築していけたら嬉しいですね。 (2019年1月時点)

仕事のシーンで愛用しているアイテムは?

佐藤:やはりiPhoneは仕事に欠かせないアイテムです。メチャカリ部をこまめに見ることはもちろんですが、話題のアプリなども常にチェックしています。

山崎:モバイルスキャナーのScanSnapです。ペーパーレス化としての資料や、名刺の電子化用に長年愛用しており、知りたい情報にスムーズにアクセスできるようになっています。